読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Not alone.

また歩き出すよ。まだ歩けるだろ?

Geige spiel

多分、今年に入って初めてバイオリン弾きましたー。 

突然思い立ってね。

 

最初にちょこっと練習曲弾いた。

いやー、全然正しい音程で弾けなかった(笑)

当然だけど全然弾けなくて、

中3の時に弾いてた曲をちょっと練習した。

多分技量もその位かなぁと。

 

1人で弾くのは確かに気楽だった。

でも、全然楽しくなくて、この曲弾いてた時の私は何を考えてたのかなと楽しんでたのかなぁとか。。

色々思った。

 

中学入学と同時に始めたバイオリンですが、

音楽楽しいっていう感覚はなくて、

ただ同期に負けたくなかっただけなんだよね。

同期は、私の3分の2位しか部活に参加してないのに、私よりも上手くて、1stばかりで先輩達と一緒に旋律ばっかり弾いてて。私は2ndと伴奏ばっかり。

私だって旋律弾きたいわあああ!!!!!

って物凄く悔しくなって、部活以外にレッスンに通ってただ練習。。

 

部活も他の人が勉強や塾で忙しくて休みがちになっても私は絶対休まなかった。

休んだのは5年間で5回位だと思う。

 

練習サボる人は死ぬほど大嫌いだったからそんなしょーもない奴に負けたくなくて、

そのくらい練習したら、そりゃもちろん上手くはなったけど。(笑)

この負けず嫌いと執着心は今でも分かんないわー。

毎日の部活とかその時の曲に必死で楽しいとは思わなかったね。

人と比べる性格が良い方向に行った唯一の例。(笑)

もちろん、自分が部活に貢献してる自信があったからパートリーダーやったり。

あそこまで一生懸命になってた意味がわからん。(笑)

 

練習以外では

大勢で集まるときは、頑張って騒いで、真剣にボケて総いじりされたり。

特に弦楽の同期にはいつもいじられてけちょんけちょんにされた。

 

私がいくらいじっても怒らないからって調子乗りやがって。

本当お疲れ様だなぁ。

 

本当にバイオリン好きだったのかなぁ。

最初の方とか、自分の性格に合ってなさすぎて辞めたくてしょうがなかったけど、私のやりたかったサックスやらクラリネットは高倍率だったからねー。オーディションで音が出た人達で定員over

 

しかも音楽って勝ち負け関係ないのにね。

←そこだいじ。

部活も受けなきゃいけない授業みたいな感覚だったのかな。