Not alone.

また歩き出すよ。まだ歩けるだろ?

yesterday

昨日さ~、外出して夕方に帰ってきたんだけど、お風呂入って夕飯食べてそのまま21:30に寝ちゃった。笑

小学生かいww

 

そしたら夢に部活の同期が出てきて、「うわああああ」ってなって目が覚めた・・・

深夜1:30に・・・

よくあります。

 

それと、本当久し振りに先輩に連絡しようと思って、

ほんと1ヶ月ぶりにLINEしたのだけど。。

家族以外の人に連絡とるの久し振りすぎて、文体が変なことになった。

 

昔は「。」だけのメールやLINEはなんか冷たい印象与えるかなと思って、必ず絵文字を使ってたんだけど、

絵文字なんて使ってないというか、使う心境でもないからさ、、

心の中のテンションをそのまま表したら、変な感じになっちゃった笑

 

孤独・・・孤独ね~。

家族がいなかったら今私完全に孤独だ・・・

あ、いやなんでもない!

 

 

 

おともだち

自分を変えないと、私はこの先幸せになれない。

自分を変えたら、周りをとりまく人達も離れていくのかもしれない。

でもそこを追ってたら、またいつもと同じなの。

 

同級生は、みんな仕事してます。3年目ならそこそこお金をもらってるのかもしれない。結婚した人もいます。きっとまだ増えることでしょう。

パートナーがいます。自分のやりたいことをやって、夢を叶えようとしてる人がいます。

 

生きてる環境が違いすぎる。

あれです、無職で彼氏なしという立場にならないと絶対分からないです。この負の感情。共感してもらわんでいいです!

 

でも私はそんな友達の事を毎日考えています。

なんなら、会いたくて仕方ない。

飲み会したい。お喋りしたい。

 

でも相手は違う。やれ忙しい、時間がない、、

友達よりも大事なことを沢山持っているのかもしれない。

それに会ったとしてもだ、

結婚と仕事と部活の話はNGだったら、、

 

終始無言でしょ?wwww

いくら学生時代の友達でもずーっと同じ価値観を持ち続けるのは無理なのかもしれない。

少なくとも、私は一般的なルートを早々に離脱した人間なので。コンプレックスの塊です。

 

会ったとしてもプライドが邪魔をして、

楽しい時間を過ごせないだろうなと思う。

ニコニコ笑いながら心の中傷付いて帰るだけ。

今の私はおすすめ出来ない(笑)

あっ、あと友達に会うための服がございません。←

 

次友達に会うのは、私が仕事が決まってからか、あと半年後か、1年後か、、、

分からない、

でもまぁ本当に私に会いたい人は無理矢理家に押しかけて来るはずww(そんなことねーわ)

 

そして私はそれにホイホイついていくww

いや、でも今の私にそんな魅力ないからやっぱやめとけー笑

みんなの大切な時間が、、もったいないであーる!

友達に会いたい気持ちをバネにして自己実現に向けてもがいてるこばなのでーす。

びっくりしたことー。

ここ数ヵ月、ずっとお世話になってるカウンセラーとのひとこま。

カ「ドイツ語は結構話せるの?」

私「いやー、もう自己紹介が精一杯ですよ…」

カ「ドイツには行ったことあるの?」

私「はい、ミュンヘンにいきました。」

カ「時計台見た?」

私「あー!見ました!見ました!すんごい吹雪だったんです。」

カ「ミュンヘンいいよね~!私もドイツには2,3回行ったわ。学生の時に、演奏旅行で 」

 

私(!?!?!?)

カ「2,3週間で、いろんなとこまわって。

やっぱり湿度によって、楽器の鳴りが全然違うのよ。日本では鳴らなかった音が海外に行くと、すんごく良い音で鳴るようになって。弦楽器なんて特にそうだと思うよ。

次もしドイツに行く機会があったら、絶対楽器を持って行って弾いてごらん。

私も実は楽器をやってたんだ。今まで黙っててごめんなさいね(*^^*)」

 

いやー!演奏旅行なんて超羨ましい!!!!

夢みたいな話だなー。色んな国で色んな人と楽器が弾けるなんて。

なんか私の大学4年間スケール小さすぎた。

 

確かに楽器を持ってドイツには行かなかった。

 

音楽仲間でドイツに行ったのに、あまり音楽の話した記憶ないなぁ(笑)

私がもう少しクラシックとか歴史に興味を持てればなぁ~(笑)

 

コアな話は全くついていけないし、自分の知らない曲を聴こうとは思わないからな。。

 

私が好きなものは一体なんなんだろうか、、

 

どんなに

外でどんなにリフレッシュしてきても、

家に帰ると、、、

余計なことをごちゃごちゃ言ってくる人が沢山います。

 

んー、家でゆっくりする感覚がわからんな。

前に友達と「都内に住んでて独り暮らしするメリットなんてないよねえー。」

って話をしていて。

その時は「まぁ確かにねー。」と思ってた。

でも友達と私決定的に違う所がある。

 友達は独りっ子。つまり、自分の部屋、居場所がある。

 

私は下に妹が2人いるんだけども、自分の部屋がありません。

自分だけの空間がない。

 

受験勉強をする妹に一部屋使わせてあげるために勉強机を処分しました。

しかし、彼女はそこで全く勉強せず、

家族で使うはずの居間は妹の参考書で足の踏み場がない状態。

 

自分の部屋があれば、誰かに干渉されることもないのにね。

って今までこれだけはどうしても変えられない事実で、何も思わなかったのに、

ここに来てかなりイライラかなりイライラしている。考えが子供に逆戻りしてるー

 

妹に「片付けるって口だけじゃん、逆ギレしてんじゃん、幼いね」

と言われ、久々に頭に血が上ってる。ん?最近いつもか。

 

実家って前からこんなに居づらかったかなぁー。

まぁ大阪から帰って来て居場所なくなったのは確かかもー。

本当は服も夏服上下3着ずつ残してあとみんな捨てたいし、

捨てたいがらくたもたんまり。

連休中にやるか。

部屋の乱れは心の乱れ。365日心が乱れてるようです。(笑)

ほとほとうんざり。

だよね。

本当この数か月間で親にはうんざりしました。

 

まぁこんな立場の人間が言う筋合いないのは重々承知だけれども。

もう2回就活に失敗してるし、早期離職してるから、それはハンデになり得る。

そんなの自分が1番わかってるわ。

だからこそ今度こそその失敗を生かして

毎日自分なりに色々悩んで、真剣に向き合ってるのに。

 

やれ、ジムの受付やら、病院の事務やら、

正社員にこだわらなくても、派遣でいいとか。近所の人にまで言われている。

まじびっくりなんですけどwwww

もちろん、それらの仕事が良くないといってる訳ではないです。

自分に適してるのかって話です。

 

自分の人生の半分以上を占める「仕事」をそんな簡単に決められる訳ないでしょ。

近い将来専業主婦になる予定なんてないだし。

他人の意見に流されることとストレスが早期離職への1番の近道だよね。

ああ名言。www

 

それを私の為だと思って、言ってるのだとしたら、

本当に恐ろしいんですけど。

そりゃ親にとってみれば私の人生なんて、もうどうでもいいからそういうことが言えるんでしょうね。

 

 

私、親の人生についてとやかく言ったことありませんが。

親は妹にとやかく言ったことないでしょ。

なんで私にばかり言ってくるわけ?

 

そういわれてみれば、私のやりたいこと応援してくれたことなんて

1度もありませんけどね。

というか、やりたいことが出来た経験ほとんどありませんでしたね、

親の言うことを聞いとけば人生幸せになれるってなんの疑いもなく思ってましたからね、

 

あ~早くお金ためて、自立して出ていきた~い。

自分自身だけは味方でいよう。大親友でいよう。

 

がんばれ!がんばれ!

自分の未来は自分で掴むのだ!!!

びっくりしすぎて震える

今日もお疲れさま。自分。←

 

多分誰にもしたことない話をします。

 

あれは19歳の時の今頃・・・(もう6年前。。。wwww)

 

ある日階段を踏み外して、足の指を挫傷しちゃって1日だけ松葉杖をついて大学とアルバイトに行った。

 

バイト先が浅草で、松葉杖をつきながら電車に乗るのが大変だったので

タクシーで行った。

そして、帰り道もタクシーを呼んだらなんと運転手が女性だった。

 

タクシーに頻繁に乗るわけじゃないから知らないけど、結構珍しいよなと思って、

多分向こうも23時半頃に女子が1人で乗るなんて・・・って思ったんだろうな。

道中、かなり話が盛り上がった。

 

内容は全く思い出せないんだけど、多分私のことだからその時も悩み相談をしたんだろうと思う。

確か、顔も見ずに30秒位話しただけで「あなた真面目でしょ?」と言われ、他にも性格をズバズバ言い当てられて、「なんでわかるんですか・・・・!!」って驚愕して私もとにかく色々聞いてもらった。

 

でも今でも忘れられない一言があって。

そのお姉さんが「あなた、絶対心理学勉強しなさい!」って何回も言ってたんだよね。

「どうしてですか?」って聞いても「いいから!!絶対に!!」って理由を教えてくれなかった。

 

なんとなく、その一言がずっと引っかかってたんだけど、私の専門はドイツ語なのでまぁ専門で学ぶことはないしわざわざ休みの日にやんないし、

心理学の授業を取っても別に面白くなかったし。仕事もしてたしそんなことすっかり忘れてた。

 

そして、最近色々あって笑

図書館で「見た目口癖の心理学」っていう本が目についてパラパラ読んだら凄い面白くて、そのまま勢いで基本の心理学の本を3,4冊を借りて帰った。

 

家に帰って読むと、、、、、

全部私のことを言ってるんじゃないか、心の中覗いてんのか、、、

どうして今私がこんなに上手くいってないのか、こんな性格になってしまったのか、

ここにすべて書いてあった。

 

私は人に対して、基本は言いたいことは遠慮なく言うし、隠し事なんて一切ないし本当の自分と友達や親に見せる自分は完全に一致してると思ってた。

 

でも違う・・・・全然違う・・・・。

 

いや~、これはしんどいに決まってる。

よく私もここまで生きてこれたと誇張なしで思う。

 

あのお姉さんに出会って数分で「絶対勉強した方がいい」って言われた意味が分かって、久々に心が震えた・・・・・・・・

 

そして、ちょっと自分でこんなこと言うの恥ずかしいけど、24年間苦しんできた自分の頭を撫でたくなった。

とにかく、ここからの人生、私にとっては心理学は味方の一つになってくれそうです☆

日本一の不器用おじさん?

イッテQでさ、出川がマジックするコーナーあるじゃない?

あれ、見ながらみんな笑ってるけど

私は全く笑えないんだよね・・・。

 

一生懸命やってるのを笑う人ってなんなんだろうなぁって昔から思っていてさ。

まぁ芸人はそれが仕事だから、ムキになることはないんだけどさ。

 

私も昔から「不器用」って言われ過ぎてしみついてるから、「不器用」って見ると反応してしまう。

 

うまくいかない・・・って苦労してる人のことを笑っている人、私は大嫌いだね。

そういう人って、割とパッと出来ちゃうタイプで「なんでできないの?www」「ちゃんとやってんの?www」

って言ってくるし、思ってるの凄く伝わる。

 

「いじり」じゃないぞ「いじめ」だぞ。